サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月27日 (木)

我が家にも最高の春が

サクラ、菜の花、白桃、スモモ、アンズ。我が家の庭の春を彩る花々。

Img_0003


長年、見慣れた光景。今年も変わり映えしそうにないなぁ・・・。

ところが昨夜。最高の吉報が飛び込んできた。

神奈川県内に住む長男から「子供ができた」。

結婚もしていない息子が、結婚より先に懐妊報告だ。

驚いたが、よくやった!! 多分、電話口の声は震えていたかも。

相手の名前は、年齢は、どこの人、職業は。いつ生まれるのか、

結婚式はどうするか、相手の親に会わねば・・・。

矢継ぎ早に聞いてしまったが、回答はあまり覚えていない。

ようやく我が家に春が来た。

11月には初の内孫が誕生する。

2014年3月22日 (土)

野球シーズン準備OK

やって来ましたね。野球の季節が。

高校野球が開幕したし、来週にはプロ野球も。

またテレビの前から離れられなくなりそうだ。

Img_0019

ホークスのトートーバック。右の白が昨年、黒が今年のファンクラブからの記念品。ホークスが福岡に来た時からのファンだが、ソフトバンクになってからファンクラブに。これまでユニホームのレプリカなどを貰ってきたが、箪笥の中で眠ったまま。最近は記念品は「おまかせ」で、送られたのを貰っている。

昨年は1度も球場に行けなかった。今年こそは・・・。
野球観戦にはビールがつきものですよね。でも、飲むと車じゃ行けないし、飲まないと楽しくないし、車じゃないと行き帰りが大変だし。
今年こそは、ファンクラブ・カードを使いたいものです。

Img_0002jpg

今日(21日)は、スカパーの野球セットの再加入手続きをした。さっそくオープン戦(対広島戦)を楽しんだ。スカパーも10数年の視聴歴になる。

2014年3月19日 (水)

組長 最後の仕事②

組長の「慰労会」は恒例行事とか。組長は1年間、無報酬で色んな役目をこなしてきた。町の手伝い(例えば、広報誌の各戸への配布。高齢者への見守り活動、公園の草切作業など)もありました。多少の活動補助もあるとかで、これらが慰労会の原資になります。

で、どこでやるか? 話し合いましたが、「去年の場所で」となり、岡垣町の波津海岸に魚料理に決定。かなり安直な決定です。単に送迎バスがあるからです。ここは風呂に入るだけ。

Img_0008


宴会場は併設のすし店「鮨屋台」。列車を活用して店舗にしています。

Img_0009


料理は5000円コース(牛ステーキ、鶏のから揚げもあり)で、飲み放題2000円。張り切って飲み始めました。

Photo


Photo_2


Img_0016_2


誰かの兄が一番飲んだみたい

(顔写真がブログに出ることは全員了承です)

全員が慰労されました

2014年3月17日 (月)

組長 最後の仕事①

ヤレヤレです。組長の役目が今月末で終了します。

最後の仕事が神幸祭で使われる神輿を納める倉庫の修復です。
天井裏などの傷みが激しく、今月初めから大工さん(組長の1人)が工事をしていました。

Img_0005


工事期間中に倉庫内の神輿や部品、舁き山の一部などを公民館に収納していたので、16日にこれらの品々を倉庫内に納めます。これが今期最後の組長の仕事でした。

Img_0002

次々に運び込まれます。足腰が弱っている高齢組長(私)は、見ているだけの現場監督です。

Img_0007


綺麗になった内部に神輿が納まりました。これで5月の神幸祭を迎えられます。

組長の仕事が終わりました。

いえいえ、これから「お疲れさん会」のバスツアーに向かいます。

2014年3月 5日 (水)

歴爺の旅 寄り道しました

Img_0004

宇都宮氏の菩提寺・天徳寺の参拝を終えて帰路に。その道すがら、寄り道・道草を楽しみました。上下にある写真は同町上本庄の田んぼで見つけた 案山子 ですよ。小さな子供たちが田んぼのあぜ道で、自転車乗りを楽しんでいます。近づくまで案山子とは分かりません。

 自分が子供の頃、子供用の自転車などありませんから、こんな光景は知りません。でも、下の、わらこづみは格好の遊び場でした。学校帰りによく遊んだものです。

Photo_2

「本庄の大楠」です。大楠は樹高は25.8m、胸高の幹周囲が20.6m。木芯部は大きな空洞となっている。樹齢1900年らしいが定かではない。大きさは全国で第4位とかで、対象1年に国の天然記念物に指定されている。秋にはクラッシックコンサートなどのイベントも開かれている。

Photo_3
「知恵の文殊様」とも呼ばれる不老山正光寺。このお寺は秋に、境内一面に「白い彼岸花」が咲き誇るので有名。2月には宇都宮一族をしのぶ武者行列が繰り広げられる。

Img_0036

旧蔵内邸。詳しくは http://chikujo-rekishi.jp/guide-4/
Img_0039

川崎町の大峰炭鉱、添田町の峰地炭鉱なども所有していた。蔵内家は宇都宮の家臣だったという。

これで 黒田官兵衛に打ち滅ばされた宇都宮一族を訪ねる旅のおわりです。
ドラマに登場するのはいつ頃でしょうね。

2014年3月 2日 (日)

歴爺の旅 宇都宮氏の郷②

 宇都宮氏が打ち破られた築上町の寒田地区から下り、本庄地区に入ります。ここには宇都宮氏の菩提寺・天徳寺がある。宇都宮氏は本拠地・城井谷の防御のため、谷の東西の峰々に山城を設けるが、天徳寺がその中央に位置した。
黒田官兵衛が攻め込んだ時に、18代当主・鎮房は中津城で謀殺された。この寺に鎮房と17代長甫、19代朝房が祭られている。

Photo

 寺の駐車場から階段を上るが、足腰が弱い者には苦痛だ。

Img_0027

 本堂前で100円玉を寄進し、手を合わせた。寺の裏の山林の中に鎮房らの墓がある。平日ではあるが、参拝者は我だけと言う寂しさ。

Img_0031

 前列の右から朝房、鎮房、長甫の墓で、家臣らと思われる古ぼけた墓石が囲んでいる。

宇都宮氏の詳しい系図は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E4%BA%95%E6%B0%8F

 黒田と宇都宮の戦いは、なかなか決着がつかず、官兵衛は一計を企てた。嫡男の黒田長政と宇都宮鎮房の娘・鶴姫を政略結婚させ、和睦に持ち込んだのである。が、官兵衛は両家の祝宴を企画し鎮房らを中津城に招いた。ここで鎮房らを闇討ち、一族をも滅ぼしてしまったのである。

 ※余談ではあるが、我が家の口伝では、何時の頃かは明らかでないが、宇都宮氏の姫様が大任町のお寺(我が家が門徒)に嫁いできた。幾人かの家来も連れて来てその寺の周辺地域に住まわせた。その家来が先祖だという。寺は幾度も火災に遭い、今では縁起が定かでなく、この説は????。ただ、我が家の墓地には450年ほど前の墓石があったらしい。

つづく

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

  • 旅行・地域

過去の旅

無料ブログはココログ