サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

韓流「大王の道」

 韓国には1年近く行っていませんが、韓流歴史ドラマは相変わらず視聴しています。今日(29日)からBSジャパンで始まった「大王の道」も楽しみに待っていたドラマです。

Photo


 このドラマは韓国で1998年に放送されたもの。今では「韓流歴史ドラマの巨匠」と称されるイ・ビョンフン監督の初期作品です。イ監督作品は「チャングムの誓い」「イ・サン」など、日本でも人気を集めたドラマがいっぱいです。今もNHKで「トンイ」やNHKBSで「馬医」などが放送されています。

 ドラマ「大王の道」は、父・英祖(21代王)に愛されず苦悩する思悼世子(世継ぎ)。 党派に分かれ権力争いをする貴族や、出世の野望を持つ英祖の側室は、己の利益のため親子の不仲に乗じ、思悼世子の廃世子を画策する。  そんな中、世子妃・恵嬪ホン氏やホン氏一族は思悼世子を支え続けるが、思悼世子は次第に心の平衡を失っていく。嫡男・サン(後の正祖・22代王)が10歳になろうとする頃、英祖と思悼世子との確執はついに決定的な事態を迎え…。 と言う筋書き。

Photo_2

 英祖はトンイの息子で、イ・サンのお祖父ちゃん。「大王の道」を制作した頃、すでに「イ・サン」や「トンイ」のドラマ構想が出来ていたのではと思わずにはいられません。

 英祖や正祖(イ・サン)、 トンイの淑嬪、トンイの敵・張嬉嬪、思悼世子などは、韓流歴史ドラマには欠かせない人物です。色んな歴史物に登場します。ですので、「大王の道」も大方の筋書きも分かります。分かっているけど、見てしまうのがイ・ビョンフン マジックなのでしょうか。

2013年8月27日 (火)

なぜか 気になる木

「あの木何の木気になる木」が、時折通る道路から見える山にあります。

小高い山の上に立っています。周りの雑木などは伐採されて、この木だけが残っています。2本に見えるが下部から枝分かれしていて、一本です。


Photo

以前なら気にも掛けなかった風景なのだが、東日本大震災で、津波に耐えた岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」のことが思い出され、この木も「気になる木」になってしまった。

車を止めて眺めていると、怖そうな犬と散歩中の地元のにぃちゃんに出会いました。「あの木何の木(木の種類)」と聞くと、「知らん」。「なぜ、残しているのかね」にも「知らん」です。でも「時々、気になる人もいるらしく『何の木』と聞く人がいるらしい」と。

木のそばまで行く気がない。傾斜を登るのが辛そうだし・・・。(川崎町木城です)

2013年8月19日 (月)

お盆も過ぎて

すっかり更新をサボってしまいました。

忙しかったと言えば忙しかったし、暇と言えば暇だったけど。

暑さと老いに負けて、植木の剪定も人任せ。

草切もちょっとだけ。墓掃除も半日だけ。

墓参りも墓のずーと下から手を合わせて

「早よおいで下さい」「また来年も」と。

このズボラさにはご先祖様も、さどかし・・・。

帰省した孫の相手も、冷房の効いた室内だけ。

「じぃ、花火しよう」には、カメラを向けただけ。

Img_0008

初盆の家にお参りに行っても、仏壇の前で「どっこいしょ」

「あんたも年取ったね」と笑われる。

お盆が過ぎても暑い。今日も暑い。

ほんとに 死ぬかもしれない。

2013年8月 2日 (金)

ネタ切れだから 畑に

暑いのでネタ切れです。だから畑に行きます。

1


ごらんの通り、思った通り、草で覆われています。

暑さを我慢して草を刈ります。

Photo


まだまだ草は残っています。自然に枯れるのを待ちます。百姓にあるまじき行為です。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • 旅行・地域

過去の旅

無料ブログはココログ