サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月23日 (土)

児童らと餅つきぺったん

 地域の児童、生徒たちを激励する子供育成グループ「あたかの森」の餅つき大会が23日、安宅交流センター(元安宅小学校)でありました。児童らのほかグループのメンバー、老人会、安宅で楽しく安楽会など約40人が参加して、杵を振り上げぺったん、ぺったんと餅をつき楽しみました。

Img_0016


 安宅地区には現在、20人弱の児童生徒らがいます。この餅つき大会は、安宅小学校が閉校になる際、皆で集まって学校を偲び、楽しもうと学校行事だった餅つきを継続して始まったそうで、今年が7回目になります。

Img_0020


 中庭に2基の餅つき臼が据えられ、次々につきあげました。横には餅を丸める台があり、老人会のおばちゃんたちが手際よく、あんこ餅や、黄な粉餅を作ります。今春に小学生になる幼児、小学校時代の校長先生や教諭も加わりました。

Img_0018


 地域での今春の小学校新1年生は5人だそうで、うち3人が真崎小に通います。年々、幼児たちも少しずつ増えているそうで嬉しい限りです。相変わらずの高齢化は進みますが、子供も増えることが地域の賑わいを活性していきます。

Img_0019 

    がんばれ!! 安宅ん子!!

2013年2月20日 (水)

「トンイ」にも隕石落下

 ロシアでの隕石落下で連日、賑わっていますね。怖いですね。我が頭への直撃でなくてよかった。でも「直撃すればよかったのに」と思った人は、1人は確実にいるでしょう。 そんなことを考えながら、韓流ドラマを思い出しました。

 NHKで再放送されている「トンイ(同伊)」です。李氏朝鮮19代王・粛宗に見初められた最下層の身分の娘トンイが、側室となり次王・英祖を生む。波乱万丈の人生を描いたドラマです。英祖の孫が正祖(イ・サン)です。大好きな韓流ドラマのひとつです。主役はハン・ヒョジュちゃんでした。

 このドラマと、隕石が何の関係がある???

第5話に出てくるんです。

 トンイと出会う前。粛宗が住む宮殿に隕石が落ちました。

Img_0004

 粛宗は早速、現地を調べます。(ロケをしたのはMBCドラミアでも、人気の高い場所で、色んなドラマにも登場します)

Img_0005_3

ここが現場です。(2011・6に撮影)

Img_0049_convert_20130220113007_3


1m以上の隕石が落ちたのに、被害は穴だけです。まさにドラマですね。

2013年2月16日 (土)

「王になった男」見たよ

 久しぶりに映画を見に行きました。今日が封切の韓国映画「王になった男」です。私の住む地域には映画館はなく、またこの映画は福岡市や北九州市などの都市部でしか上映されませんので、北九州まで出掛けました。
韓流大好きな私には、見逃せない映画です。

Img_0016_convert_20130216175704_2


 映画は朝鮮15代国王・光海君が主役。王位を巡る権力争いが激化し、命の危険を感じた王は、反対勢力の臣下を次々に殺害するなど{暴君}として、朝鮮史に名を残している人物。クーデターによって王座を奪われたことで、死後に贈られる「祖」とか「宗」の尊号は付けられず、光海君という幼名のままで記録されている。

 映画では、命の危機を回避するため光海は、酒場などで道化師として働く光海にそっくりの男を影武者として用いた。男は最初は慣れぬ環境に間誤付くものの、次第に反対勢力の権謀や民を苦しめる悪政に気づき、目覚めていく。

 主役の光海と似た男はイ・ビョンホンの二役。宮廷の慣習に慣れぬ男の所作などが笑いを誘う場面もけっこう多い。王妃(ハン・ヒョジュ)との、どぎまぎする場もある。

Images


 実はイ・ビョンホンを見たいのではなく、ハン・ヒョジュちゃんを見たいから出掛けたまでです。「トンイ」の時のヒョジュちゃんも、すっかり大人びていましたが、相変わらず可愛いかった。

 映画館内は約8分の入り。うち、女性が9割以上でした。それもおばちゃん、おばあちゃんが多かった。イ・ビョンホンのファンでしょうね。韓流ファンは女性、高齢者が多いと納得。困ったのは、映画に反応して直ぐに声を発することです。「うん、そうだよね」とか「うそ~」とか。声を出して笑っています。

入場記念でイ・ビョンホンの写真を貰いました。

Img_0017


おばさん達は嬉しそうでした。

2013年2月13日 (水)

タラの芽栽培は休止

昨年の今頃は農作業に追われていたのだが・・・。

そうです。 タラの芽栽培での、出荷時期だったはずだから。

Img_0012

が、今年は休止してるから、超暇なんです。

なぜ休止かと言うと、体力と気力の減退から、足がタラの木畑に向かないからです。

今からでも栽培・出荷作業は遅くはないのだが、まだその気にはなれません。

自然のタラの芽は5月に出荷します。それをタラの木を早く切って、ハウスで速成して2~3月に出荷します。もう大手のデパート、スーパーには出ていると思うが、この時期の国産品はすごく高いです。天婦羅にされて、安く出ているのは中国産です。

趣味で始めたタラの芽栽培ですので、木の栽培面積が小さいことで、「タラの芽農家」にはなれません。ハウスでの速成だから電気代も掛かります。農産物販売所などに出荷してきましたが、電気代とガソリン代でチャラぐらいの収入しかなりません。労賃はほとんどゼロです。友人、知人に配って「ありがとう」と笑顔をもらうのが、大きな収入です。

と言う訳で、休止です。自然のままに芽となるのを待ちます。

2013年2月 9日 (土)

もう一度、滑りた~い

 世の中、3連休とか。1年中が連休の私には無関係ですが・・・。

 今日あたりは、どこのスキー場も賑わっているでしょうね。若い頃、と言っても20年ほど前ですが、雪景色を見ると無性に体がウズウズしたものです。

 スキーとの出会いは、大分県九重町にスキー場がオープンしたことから。ここの支配人(当時)と、まちづくり関係で知り合い、酒を飲み交わす仲になっていたので、「遊びに来んね」と誘われて、温泉も楽しめると思い、妻と出掛けたのがきっかけ。

Bk_contents3            

                (九重スキー場のHPから)


 スキーなどしたこともなかったが、支配人が道具一式、ウエアをも貸してくれ、おまけにリフト券まで付けてくれた。滑っては転び、滑っては転びするうちに楽しさに魅了されました。九重から帰ってすぐに、妻とスキー用具を買い入れたのは、言うまでもありません。

 当時、下関市にいたから、仕事仲間やその家族も引き連れ、九重に行った。が、スキー熱は高騰するばかり。雪の多い島根、広島、鳥取などのスキー場にも遠征しました。土日に休日出勤し、夜中に車を走らせ、人が少ない平日のゲレンデで滑りまくったものです。瑞穂(島根県)では、リフト待ち中にストップできないスキーヤーに思いっきり足にぶち当てられ、病院通いをしたこともあった。

 それだけでは納まらず、韓国の江原道(カンウォンド)まで滑りに行きました。3月でしたが、旅行社に聞けば「まだパウダースノーで滑れます」と言うから出掛けたが、アイスバーン状態でした。それでも貸し切り状態で大満足でした。江原道の平昌では2018年に冬季オリンピックが開かれます。

 足腰がままならない今となっては、スキーは諦めています。スキー板や靴などは娘夫婦に渡しています。

でも、もう一度、滑りたいなぁ~~~~

2013年2月 7日 (木)

貧乏人の確定申告

またこの季節がやってきました。

そう、あの確定申告・・・・。

 決して高額所得者ではありません。 逆に少しでもお金が欲しいから
 毎年、申告書を出しています。

Img_0008

 何しろ、病弱の身ですから医療費が掛かります。10万円以上掛かった医療費には控除があり、所得などに応じて納めた税金のいくらかが還付されます。

 国税庁のHPから申告書を引き出して記入していきます。数字の計算は勝手にやってくれますが、けっこう面倒くさい作業です。病院の領収書、給与・年金の源泉徴収票、生命保険の領収書などを記入し、関係書類も添付しなければなりません。

 しかし面倒くさいとは、言ってられません。お金が返ってくるのですから。
申告の作業は、もう慣れましたから、2時間ほどで出来上がりました。

 これで 今年も10万円ほど、返ってきます。新しいPCの支払いができます。

    ありがたや、ありがたや です。

2013年2月 1日 (金)

やれやれ セット半分終了

本日、データー通信用機器を購入。友の手を借りてようやく新PCでネットやメールができるようになりました。

でも、まだまだ写真を取り込んだりはできません。

これからが、また一苦労です。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • 旅行・地域

過去の旅

無料ブログはココログ