サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

孫と釜山弾丸ツアー④

 孫との釜山旅行編も最終です。楽しい旅でしたが、孫たちはどうだったのでしょう?

 国際市場のタレントグッズ店で「kara」のグッズを選んでいたが、何買ったのでしょう。帰りの船中で遊んでいたトランプですか。

 じいちゃんは これでした。

9_img_0006

 知らないでしょうが、韓流歴史ドラマファンなら、誰もが知っている俳優です。毎日、使っていますよ。

 帰りの船中では、少し酔いましたね。苦しかったでしょう。

でも次は飛行機にしますから、また、じいちゃんと旅をしようね。

2012年8月29日 (水)

孫と釜山弾丸ツアー③

 1泊2日の釜山旅行だけに、観光する場所は限られている。娘と孫は初釜山。せめて2泊旅行をと思ったが、孫らの都合で1泊だけになってしまった。

 龍頭山公園、国際市場、南浦洞、水族館、海雲台と一応、観光したので食事篇を。今回の旅の食事所は娘がガイドブックで決めていた。「ガイドブックにうまいものなし」だが・・・・。黙って従うジィジィなのだ。

 釜山に着いて最初に向かったのがチヂミ屋。高速船の中でサンドイッチを軽く食べていたが「小腹がすいた」から、チャーター車の運転手兼ガイドさんに連れて行ってもらった。

Img_0004

店の焼いているのをパチリ。ワケギたっぷりのがおいしかった。

 歩き疲れたから伝統茶店でキンキンに冷えた五味子茶を

Img_0009

「お茶を飲み終わったら電話を」と、ガイドさんは店員さんに電話番号を書いたメモを渡した。約30分後、店員さんは電話したがガイドさんに通じない。店の前でボケっと待つこと約40分。やっと迎えに来た。メモを見せると番号が違っていた。「ごめんなさい」もなし。もう~怒ったぞ。

 夕食は定番の焼肉。ガイドさんに店名を知らせたら「あそこはおいしくない」と。しかし、もうこのガイドさんは信じない。ガイドブックにある店に行った。おいしくなかった。客も少ない。ガイドさんを信じればよかった。が、もう遅い。

Img_0010
 ガイドさんはこちらを待たせて悪いと思ったのか、チョコレートの土産をくれた。でもチップはあげなかった。

2日目の朝食は、ホテル近くの粥屋さん。ガイドブックに載っており日本人も多い店。ここは以前にも来た店で、焼き魚がおいしかったから、アワビ粥と魚を注文。
 娘も孫も「魚がおいしい」と満足げだった。

Img_0011
 そして旅行最後に食事は、釜山アクアリウム水族館がある海雲台の参鶏湯屋さん。親切なおじさんが道を教えてくれ、「新店より本店がおいしい」と。


Img_0028

 本店には正午前に予約なしに入ったが、大正解。正午を過ぎると来るは来るは地元に人が。あっという間に、店内は満員。うまかったよ~~~。
 

2012年8月25日 (土)

孫と釜山弾丸ツアー②

 釜山2日目はこの旅行のメイン・釜山アクアリウム水族館行きです。私も初めての水族館です。

 宿泊ホテルの近くから地下鉄で「海雲台」まで行きます。駅で切符を買うのにまごつきました。1000W札しか使えず、あいにく持っていません。「どこで両替するの」とまごまごしていたら、私と同年輩ぐらいのおじさんが、袖を引っ張ります。「こっちだよ」と。自動両替機の前まで連れて行ってくれ、さらに「ここから乗るんだ」と言う風に、階段を指さしてくれました。

 地下鉄車内では、別のおじさんが「どこまで行くの」と、日本語で語りかけてくれました。到着前には「次で降りなさい」と教えてくれた。釜山の地下鉄では主要駅近くで、日本語での案内もありますが、おじさんの親切にはただただ感謝です。前日、龍頭山公園の登り口で受けたちょっぴり嫌な気分も、すっかり晴れました。

 もう一つ、親切なおじさんの話です。水族館見物を終え、昼食に行きました。海雲台の参鶏湯店です。娘がガイドブックで探していました。通りを一つ間違え、うろうろしました。そこで通りかかったおじさんに道を尋ねました。幸い、少し日本語が分かるようでした。そして店の近くまで案内してくれました。そして「ガイドブックの店は新店で、おいしいのは本店。地元の人は本店に行く」と言い、大通りを挟んだ本店を教えてくれ、おいしい参鶏湯を満喫できました。

 これまでの韓国旅行で見も知らない韓国の人と話すことはあまりなかった。こちらが一人旅で、「俺は何でも知っているよ」との顔をしていたのでしょうか、声を掛けてくる人はインチキ品を売りつけるおっさんぐらいでした。今回は、小さな子供連れだったからか、親切にしてもらった。

 日韓の、ぎくしゃくぶりを煽るニュースが続いていますが、この3人のおじさんのように、日本人でも親切にしてくれる人たちもいます。
こんな友好が長く続くことを願ってやみません。

Img_0027

水族館内で色々撮影しましたが、電池が乏しくなりフラッシュがつけられませんでした。なんとか、見られる写真を出してみます。

Img_0015

Img_0019

2012年8月23日 (木)

孫と釜山弾丸ツアー①

 「夏休み、どこにも行っていないの」と言う孫2人と、その母親を連れての、1泊2日の釜山旅行に21日出発しました。
釜山行きには、いつものビートル使用です。

Img_0001
 孫らとの韓国行は一昨年のソウルに続く2回目。釜山行きはお盆で帰省した際に急きょ決定。私的には2泊はして、色んな場所を見せたいと思っていたが、来週から学校と幼稚園が始まるために、1泊の弾丸旅行になりました。

 どこで何を見るか、何を食べるかは娘が企画。私は支払い係りです。

 まず行ったのが、釜山見物の定番で釜山タワーがある龍頭山公園。高所恐怖症気味の孫らは、ソウルタワーで懲りたのか、釜山タワーは拒否。広場に立つ李瞬臣将軍の説明をしてやりました。

Img_0005

 「日本と戦ったの」。「豊臣秀吉を苦しめた朝鮮軍の英雄だよ」などの会話が続きました。近くに韓国人がいました。時が時だけに会話の内容には気遣いました。

 この龍頭山公園の登り口でショックを受けました。「外国人観光客」のステッカーを付けた我らのチャーター車は、タワーのすぐ下まで行けます。が、登り口で警備員に停車させられ「パスポートを見せろ」です。これまで何度も渡韓したが、観光地でパスポートの提示を求められたのは初めてでした。運転手兼ガイドさんも怪訝な顔をしてました。

 これも、ぎくしゃくしている日韓関係の影響でしょうか。

続いて行ったのが、公園の下にある「釜山近代歴史館」。日韓併合時代の資料も多くあります。孫が「勉強したい」と計画した場所です。親切な職員が日本語ビデオを見せてくれました。

 館内にあるテレビにはこんなものが映っていました。



Img_0006_2


 独島(日本名は竹島)のライブ映像です。韓国KBSテレビが流していました。微妙な気持ちで見入りました。

2012年8月18日 (土)

孫のブログ

孫(小6)「おじいちゃん パソコンを貸して」
私「いいよ」

8_img_0005

お盆で帰省してきた娘家族。貸したパソコンでアニメ動画でも見るのかと思ったら、なんと、ブログを開いていた。

私「誰のブログ?」
孫「私のよ」

8_img_0006

でも、見られたくないようで、パソコンの前に進めない。
何を書き込んでいるのか気になるが、見せたくないページは
会員登録者だけにしか開けないようにしているとかで
娘も「私にも分からない」という。

もう、こんな年齢になったのか。嬉しいような寂しいような。

「今年の夏休みはどこの行ったの」
「どこにも」
「じゃ、どこかに旅行する」

で、決まったのが、1泊2日の釜山旅行。21日出発です。
孫たちとは2年前にはソウルに行ったから、2度目の訪韓。
ジィジィがはまった韓国を、孫たちも引き込む作戦の第2弾です。
今回の目的は、釜山のアクアリウム水族館。

では、行ってきます。

2012年8月15日 (水)

輪になって盆踊り

 お盆と言えば盆踊り。我が集落では大昔から? 初盆の家の庭で青年たちが盆踊りをする。今年の初盆は8軒で、13、14日に分けて踊りがあった。昔ながらの口説き歌に合わせて、約20人の青年たちが雨の中でも踊り続けた。感謝感謝。

7img_0014_convert_20120815011642

 14日は隣の家で盆踊りでした。浴衣姿の男女が輪になって・・・。

Bonn


 隣はこの日の最後だったから、踊り始めたのは午後11時40分からで、午前1時前に終わった。お疲れ様でした。私も久しぶりに輪に入って、うちわを振った。

 我が集落の盆踊りはうちわを手に踊る。伝統の口説き歌が4つと炭坑節も。私も若い頃、2年ほど口説き手になって輪に加わっていたが、当時は、若者の数も多く、婦人会の参加もあって、輪が二重にもなっていた。

 少子化や婦人会の消滅などで、踊り手が少なくなったが、やむを得ない。それでも伝統を守ってくれている青年たちに感謝をしたい。ありがとう。

2012年8月10日 (金)

暑いから韓ドラ

 暑い夏が続いています。年寄りには外に出るのが怖い日々です。雑草が茂る庭や畑。何とかしなきゃと思いつつも、熱中症の恐怖に駆られ、ついつい内に籠ります。

 オリンピック、甲子園、そして韓ドラと、テレビの前から離れられなくなってしまうのが、今年の夏だ。クーラー控えめにして、乗り切らなければ・・・。

 オリンピックの影響で韓ドラ番組が中断しているのもあるが、昨今の「韓ドラ生活」を振り返ってみた。平日を基準に朝から順に・・・。

①9時~太祖王建 *高校野球で中断中。

②10時~gyaoで「王朝の暁 趙光祖伝」

③12時~先日まで「家門の栄光」を見ていたが終了した。

④14時55分~「笑ってトンヘ」 *高校野球で中断中。

 一応、毎日の決まり物はこれだけだが、

 週一放送が「王女の男」「イ・サン」(日曜)、「階伯」(火曜)、「キム・マンドク」(水曜)、「シークレット・ガーデン」(木曜) となる。
これらはDVDに保存するから、翌日の昼間に視聴することも多い。

この間に買い物に出たりするから、多忙な日々は続くのである。

2012年8月 5日 (日)

ご先祖様ご免なさい

 お盆も間近、猛暑の中での墓掃除は辛いものですが、綺麗にしないとお先祖様に怒られるから、太陽が雲に隠れたのを見計らって草刈り機を背負って出発です。

 我が家の墓は急斜面の坂道を100Mほど上った山の中腹にあります。けもの道になってしまった山道の草を刈りながら登ります。歩くだけでもきついのに、草刈り機を動かしながらだから、きつさは倍になります。

 墓にたどり着くと、草ぼうぼう。墓に眠る両親が「どうして しょっちゅう来ないのか」と怒っています。

10_img_000311

 「ごめん、ごめん」と謝りながら、草を刈りました。私は草を刈るだけで終わり。後は息子が綺麗に洗うでしょう。

 きつい作業でしたが、ご褒美をいただきました。我が家と境界を接する隣のお寺の住職が、「お疲れ様」とお茶とパンを差し入れてくれました。ありがたや、ありがたや です。

9_img_0004

 

2012年8月 4日 (土)

ようやくソフトバンク

 山間地に住む者にとって、通信手段は都会人と同様かそれ以上の生命線です。田舎ゆえに未だに光通信も無縁です。

 携帯電話はドコモとauが通じていますが、ソフトバンクは電波が拾えない場所が多かった。ソフトバンクを使っている娘夫婦が帰省してくると「携帯が使えない」と泣きます。大阪からuターンしてきた息子も、ただちにauに切り替えました。

 ホークスファンの私もソフトバンク携帯を使いたいのだが・・・。

 でも なんと 地区内にアンテナ基地の建設が進んでいるのです。

2_img_0023

 安宅地区の入口に建設されています。工期は9月30日になっていました。

で、完成したら即、ソフトバンクに替える? 簡単ではありません。私も妻も携帯はドコモです。パソコンもドコモのデーター通信ですから、切り替えが面倒です。料金や通信スピードなども調べなければなりません。

どなたか教えてください

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

  • 旅行・地域

過去の旅

無料ブログはココログ