サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

済州島マッコリ

 済州島の宿泊ホテルの近くで夕飯。海鮮チゲを食べましたが、お供はやはりマッコリです。これまで知らなかったのですが、「マッコリは陶器やガラスのコップでは飲みません」とかで、金属製の器が出てきました。

Img_0019


 もう一つ、知らなかったことを。焼肉には焼酎。海鮮ものにはマッコリが定番だとか。

でも、釜山の焼肉店ではこれでした。最近は強い焼酎を体が受け付けなくなって しまったようです。

Img_0098

 韓国で「国民の妹」として、一世を風靡したスケート界の女王、キム・ヨナさん。最近はどうしているのかな、と気になっていたけど、こんなことに。

Img_0087


 そう、ビールのラベルで登場。聞けば、今や「CMの女王」とかで、街中で何らかのポスターで会えるとか。お金持ちになったヨナちゃん。スケートなんてやってられませんよね。このビールは中文観光団地の中のレストランで飲みました。キム・ヨナさんに乾杯。

 釜山で行った焼肉店(広安里)の近くに、素晴らしい景観を見せる「広安大橋」があります。別名を「ダイヤモンド・ブリッジ」と言い、釜山っ子の自慢です。

Img_0100

 有名な花火大会もここで開催。この時期、海沿いのホテル、モーテルの料金は数倍にも値上がりするそうです。

これで今回の「済州島の旅」は、ひとまず終了です。今度、またいつ、訪韓できるか分かりませんが、今後ともよろしくね。

2012年6月28日 (木)

済州島あちこち②

アイリス灯台

Img_0045


韓流ドラマ「アイリス」の最終話に登場する灯台です。周辺の景観も素晴らしいので、色んなドラマや映画にも出てくるといいます。

近くには「アイリス」でのイ・ビョンホンとキム・テヒが泊っていたヘビチホテルがあります。ここにも予約を入れたが満室でした。

Img_0046


大侑(デユ)ランド射撃場

ピストルからライフル、クレー射撃ができる観光射撃場です。

Img_0088

ここもドラマ「オールイン」や「太王四神記」のロケがありました。

Img_0091

場内の広い草原は戦闘シーンの撮影にぴったりでしょう。
 前にもこの射撃場でピストルを撃ちました。まあまあの点数が出ました。で、ここの従業員が「〇〇組の方ですか」と、褒めて頂き、爆笑しました。今回は、ただ立ち寄っただけです。

済州島では「三多」と呼ばれる言葉があります。風、石、女性の多い島 という意味だとか。海に囲まれ台風の通り道に当たるから、風が強い。火山島だから石が多い。漁に出る男が海で遭難するから、女性が残り多い。のだそうだ。

Img_0060_2

 島民はその石を利用して垣根や境界線に活用している光景が、あちこちで見られます。畑の境界にする石積みが、最初は異様に映りました。「何であぜ道がないのか」と。
 島は火山灰土壌なので水が溜まらない。だから水稲はほとんど出来ないという。「水がなければ あぜ道はいらない」と推測。一人で納得してしまった。

 日本の田園風景を見慣れた者には、異様な風景だった。

2012年6月26日 (火)

済州島あちこち

 これまで済州島のロケ地を中心に綴ってきたが、一般的な観光地も少しだけ回ったので、記録しておこう。

城山日出峰 

Img_0054

 済州島(チェジュド)東部の海に突き出したようにぽっこり浮かぶ城山日出峰は、「ヘトゥヌンオルム(日が昇る寄生火山)」ともいわれている島内の絶好の日の出スポット。また済州十景の中の一つとして知られているだけでなく、ユネスコ世界自然遺産にも指定されています。この城山日出峰は約5000年前、浅い海に沈んでいた溶岩台地の海底火山噴出によりできた凝灰丘で、面積は約377.872平方m、高さ海抜182m、噴火口は直径129.77平方m、深さ90m、長さ東西450m(南北350m)の円形をなし、大小の99の岩が取り囲むように連なっています。    (ソウルナビより)

 登ってみたかったが、足腰に問題がある朕には無理。で、麓から登山者の後姿を眺め、登山口にある食堂で名物のタチウオを食べた。ドラマ「オールイン」のオールインハウスがあるソッチコジからも近い。

恋北亭

Img_0064

Img_0063

Img_0063_2

 観光地とは言えないかも知れない。田舎町の朝天という港にある史跡。済州を島流しの地と何度も書いたが、この恋北亭は、朝鮮王朝を追われた役人や両班らの罪人たちが、北(ソウル方向)を思い、偲んだ場所とされている。

城邑民俗村

 済州島に古くからある民家や民具を、そのままに保存・展示している観光地。

Img_0048_3

 数ある家屋群の中から、タクシーの運転手さんが1軒の保存民家に連れて行ってくれた。すると、おばちゃんが出てきて、流暢な日本語で家屋のことや「済州の男は怠け者で働かない」などと、親切に説明してくれた。
 が、少しずつ口調が怪しくなってきた。「日本の俳優〇〇も来る。ここで作った薬剤で病気が治った」などと言い出す。フムフム そうきたか。敷地内の小屋の一つが薬剤、栄養薬品の展示販売所になっていたのだ。

 俺は買わない。絶対にだ。無料の五味茶だけはしっかり飲んで、出て行った。観光地によくあるパターン。タクシーの運転手とこの土産販売店のグルはお見通しだ。

2012年6月25日 (月)

済州島のホテル

 今回の旅行ではホテル探しに苦労しました。安全面からは4★以上に泊まりたいし、自然・景色が素晴らしい済州島だから、ホテルの窓から景観も楽しめるホテルにしたい、と言う思いもあってあちこちとネットサーフィンを続けて探しまくった。
 が、どこも満員。「済州にはあんなにホテルが多いのに」と落胆する。で、釜山の知人に話し、その知人が友人・知人のつてを頼って、ようやく済州市内の5★を予約してくれた。

 済州と言えば観光地、リゾート地で知られているが、多くの人が泊まりたいと思うのが、ロッテや新羅、シエス、シェラトンなど有名リゾートホテルが集まる中文観光団地のある西帰浦市(ソギボし)のホテルでしょう。

 私が泊まった済州市は空港などがある便利な場所だが、窓から見えるのはビルや商店ばかり。一応、カジノがあり部屋も広くてきれいな5★。1泊約10,000円。

 「泊まれないなら、見るだけでも」と、リゾート地のホテルを覗いてみました。ロッテホテル済州は白亜の宮殿です。庭園がまた素晴らしい。

Img_0072


Img_0075


 この庭園では「オールイン」や「シンデレラマン」など、多くのドラマや映画の舞台にもなりました。夜毎に噴水ショーなどが繰り広げられ、宿泊客を楽しませると言います。泊まりたかったなぁ。

 新羅ホテルには前にもふれた「シュリの丘」があります。私も腰掛けてみました。海の色がとても綺麗でした。ホテルの窓からこの海が一望できます。

Img_0076


 ここも前に登場したシエスホテルの庭です。「ベンチ・キス」の場所で、ここも庭から見る海が素晴らしい。

Img_0082


 本当に綺麗な景観と整備された庭園が、あちこちにあるので、ロケ地として最高の島でしょう。

 こんなホテルに泊まってみたかった・・・。ジューンブライドとはいえ平日宿泊なのに、なぜ、どこも満員だったのでしょうか。
 それは「中国人なのだ」と、タクシーの運転手さん。近年、中国からの客が激増しているそうな。すごい数の団体が押し寄せているとか。「これまでは日本語を覚えればよかったけど、これからは中国語を話せないと商売にならないかも」と、真剣に嘆いていました。

2012年6月23日 (土)

働き者たち???

済州島の話はまだ続きますが、ちょっと一休みです。

 隣町に「金の原」という台地があります。「キンのバル」と読みますが、昔から肥えた土地で、野菜がよく生長します。何を作ってもおいしい野菜が出来、お金になるから「金の原」と呼ばれる、との説もあるそうです。
 その台地の一角に、私の畑もあります。借地ですが・・。

 畑に行く途中に、いつも畑の中で作業をしている人たちを見かけます。炎天下であろうと、雨天であろうと、朝から晩まで。いや、一日中、黙々と作業をしています。実に働き者です。この畑ではスイカとキュウリを栽培しているようです。


     この人たちです

6_img_0001
 ピンクの帽子に、ピンクの作業着。若い娘さんでしょうか、若奥さんでしょうか。

6_img_0004
 この方はお母さん?

5_img_0005
 そしてお父さんは、ちょっと疲れているようですまぁ 頑張ってくださいね。

2012年6月22日 (金)

残念 太王四神記

 この旅で一番に行きたかったのが、ペ・ヨンジュンが主役だった韓流時代劇ドラマ「太王四神記」のオープンセットがあるパークサザンランド。
 これまで「トンイ」や「イ・サン」「善徳女王」などを撮影したMBCドラミアなどを見てきているので、済州島のセットにも大きな期待を持ってやってきたのだが・・・・・。

 ところが、ところがである。なんと「もう営業していませんよ。1か月ほど前に閉園です」と、タクシーの運転手さん。「ウソでしょう」。思わず叫んでしまいました。「なんで、なんで」。以前から閉園の噂はあったけど・・・。

 ~もうヨン様の人気もガタ落ちで、客は呼べない。セットもプラスチックや発泡スチロールなどを多く使った安普請で、老朽化が激しく、修理に金が掛かりすぎる。経営者が変わり、何か別のものを作るらしい~ と言うのが理由とか。運転手さんが説明してくれた。

 本来ならば こんなセットが見られたのに。このブログに3~4回は書けたのに。


Photo

130468957255816119159


 あぁ 残念。あぁ 悔しい。事前にもっと調べておけば・・・。
  済州島では数少ない時代劇セットなのに。

2012年6月20日 (水)

オールイン・ハウス

 私は見ていなかったが、もう7,8年前にNHK/BSでも放送された「オールイン」。ロケ地めぐりが趣味と知った済州島のタクシーの運転手さんが、「ここを見なきゃ」と連れて行ってくれたのが「オールイン・ハウス」。

Img_0057

 ドラマのどんなシーンに使われたのか知らないが、教会風の建物だった。駐車場から少し丘を歩く。が、ハウス内の見物はできなかった。多くの観光客が坂道を上っていたが、皆、がっかりの表情を。見物中止の理由は、ハングルが読めないから分かりません。

 でも丘の下は絶景の海岸。付近一帯が溶岩流で出来た海岸とすぐに分かる景色が広がっていた。

Img_0056

オールイン』とは、韓国の小説で、2003年1月 - 4月にSBSで全24回のテレビドラマとして放送された。オールインとは、韓国語“Ol in”で「すべての人」を、賭博用語“All In”で「自分が持っている金を全て掛ける」を意味する。

日本では『オールイン 運命の愛』(-うんめいのあい)というタイトルで、NHKBS2で2004年4月1日から毎週木曜夜10時放送された。

再放送は2005年3月14日から月-金で放送された。『冬のソナタ』、『美しき日々』に続いて、2005年4月16日から2005年10月1日[1]まで毎週土曜にNHK総合テレビ・韓国ドラマシリーズ枠でも放送された。

また、本ドラマではヒロイン役のソン・ヘギョと彼女の少女時代を演じたハン・ジミンが同じ歳であるという極めて珍しいキャスティングとなっていた。
(wikipediaより)

2012年6月18日 (月)

シークレット・ガーデン

 風光明媚な場所が多い済州島には、テレビや映画のロケによく使われるようです。最近、話題になっているのがNHK・BSで放送されている韓流ドラマ「シークレット・ガーデン」での、キスシーンです。「ベンチ・キス」と言われている名場面です。

Images

 主人公のヒョンビンとハ・ジウォンが、海の見える丘のベンチでキスをします。このシーンです。
Imagesca501efi

 このベンチがあるのが「シーエスホテル」です。もちろん、行ってきましたよ。ベンチを見にです。このホテルは客室が1軒1軒伝統家屋で造られている5★リゾートホテル。180度に海が広がる素晴らしいホテル。その庭の一部です。

Img_0082

 その一角に、ベンチがありました。が、実は一般観光客は立ち入り禁止になっていました。しかし、ここまできて諦める訳にはいきません。ロープを掻い潜って突撃です。
 これがそのベンチです。

Img_0085

 ベンチにはキスシーンのパネルが置かれていました。これだけ撮って一目散に逃げました。

Img_0086

 ベンチつながりで、話題をもうひとつ。
近くの新羅ホテルの庭園にも、話題となったベンチがありました。韓国映画「シュリ」で、ラストシーンに描かれたベンチです。

876_3_1211936272

 ベンチ周辺は「シュリの丘」と呼ばれ、有名観光地になっています。

Img_0077

 この二つのベンチを見に、わざわざ来ました。バカみたいでしょうが、「日本人がよく来ますよ」と、タクシーの運転手さん。バカは私だけではないみたいですね

2012年6月17日 (日)

チャングムの誓い

 前にも紹介したが、済州島と言えば「島流し」の島。この島に流されたのがドラマ「大長今」(チャングムの誓い)のチャングム。宮中での陰謀に嵌められ流されてきてしまった。

Img_0032
 閉じ込められたのがこの牢屋です。もちろん、ロケのセットで済州民俗村内にあります。

Img_0033
 この民俗村には大長今資料館もあります。画像の左側の小さな小屋です。

Img_0039
 Img_0037

 中には撮影に使った衣装、小道具や台本、撮影風景写真などが展示されていました。

Img_0038_2
 この日は平日で、園内には修学旅行の小学生がたくさん来ていましたが、チャングムにはあまり興味がないみたいでした。

Img_0041

巨商 金万徳

 今回の済州島行きの目的の一つが、今、BSTBSで放映されている「キム・マンドク(金万徳)~美しく伝説の商人」の舞台を見ることです。

1284698300khi_100917_l

 済州島には「犬のように儲けて、万徳のように使う」ということわざがあります。「万徳」というのは朝鮮時代の豪商で社会福祉家でもあった金万徳(キム・マンドク)のことです。

 1739年、平民の娘として生まれた金万徳は、幼いころに両親をなくし、妓生の養女に入ります。若くして済州(チェジュ)島一の妓生となった金万徳は、その美貌を見に遠く都の漢陽(ハンヤン)からも客が来たといいます。

 しかしそんな彼女、成人になってからは商人となります。
彼女は済州島の特産物を陸地に売り、反対に済州島ではとれないコメを陸地から買い入れる、現在でいう、貿易・流通業を行いました。 果敢な輸送経路を開拓し、これで大きな富を手にします。

Img_0030           (済州民俗村)


 そしてそれからが、彼女のすごいところです。 1792年、済州島は相次ぐ日照りと飢饉、そして台風の被害に見舞われ、多くの島民がばたばたと死んでいきました。さらに悪いことには、漢陽の王が送った救援米を積んだ船も嵐に会い 沈没してしまいます。

 この時の飢饉で済州島では17万人が飢え死にしたといいます。
この島始まって以来の危機を目にした彼女は 自分の全財産を投げ打ちコメ500石を買い入れて、無料で島民に配りました。

 彼女の善行を伝え聞いた王(イ・サン)は彼女に褒美として何が欲しいかと尋ねました。金、名誉、権力? 彼女は王に 「漢陽に行き、王様の暮らす王宮を眺め、金剛山まで見物できれば、思い残すことはありません」と願い出ました。当時、済州島民は島の外に出ることが法で厳しく禁じられていたのです。

Img_0070            

            (王に謁見する金万徳)

 全財産を済州島の人々のために投げ打ったこのスケールの大きな朝鮮時代の豪商は、1812年に子供たちにわずかな財産を残しただけで亡くなります。最後まで、社会福祉家として生き抜いた彼女らしい最後でした。
                          (KBS・WORLDより)

Img_0068
           (金万徳の墓)

 このドラマの撮影が済州民俗村で行われ、金万徳の家のセットが残されています。

Img_0027


Img_0026

2012年6月16日 (土)

済州島に行ったよ

 6月12日から韓国の済州島に行ってきました。20年ほど前にも行ったけど、今回は韓流ドラマ関連探しが大きな目的です。

1
 済州島は韓国最大の島で、国内では最南端に位置することから「韓国のハワイ」と呼ばれ、新婚旅行のメッカになっているようだ。韓ドラ時代劇好きには「島流しの流刑地」として、知られてはいるのだが。

300pxcheju_etm_2000097_lrg
 済州島には福岡から直行便が出ているのだが、今は週2便しかなく日程の都合で今回は、福岡ー釜山(高速船)、釜山ー済州島(航空便)にしました。旅行社の直行便ツアー(2泊3日)だと3万円程度で行けるが、行きたい場所に行くにはツアーでは無理。と、言うことで単独旅行の始まりです。

 釜山(金海空港)からは大韓航空です。一般席は修学旅行生で満員。で、思い切ってビジネスクラスに搭乗してしまいました。

Img_00131
 CAさんの髪飾りです。なんか水引きみたいです。お顔はNGでした。
Img_0095
 済州空港に到着。南国ムードを醸し出しています。

Img_0017
 島名物のトルハルバン(石おじいさん)の出迎えです。

Img_0035
 おばあさんもいますよ。

Img_0023
では、次回から島内めぐりの始まりです。

2012年6月 7日 (木)

庭先の主役たち

雑草にまみれた我が家の庭。それでも一生懸命に生きようとする花木たちが、庭を彩ってくれている。花の名前にとんと疎い庭主。ブログで紹介して色んな人に見てもらうことで許してほしい。

2_img_0010
6_img_0003


2_img_0011


4_img_0005


4_img_0009


5_img_0007


4_img_0008


5_img_0001




2012年6月 3日 (日)

畑に行ってみた

 「書くネタがなくなったら、畑に行け」を信念に、「身辺雑記ばかりやね」の批判を知らぬ顔にして、また畑にネタ拾い。
 久しぶりの我が畑は、案の定と言うか当たり前と言うのか、雑草ばかり。そして病気にやられたジャガイモの枯れ落ち倒れた茎の姿に大ショック。

 あぁ~~~~。思わずその場に立ちすくんだ私でした。

Dscn4623
 そうですよね。種イモを植込んだ後は、知らぬ顔。これじゃ、ジャガイモだってグレて、まともに育つはずはないですよね。

 仕方ない。来年のために、根はどうなっているか調べておかねばと、試掘りをしてみたら。またまたびっくり。なんとイモが付いている。実は小ぶりで鶏卵のSサイズぐらいだが、1株に10数個もびっしりと。これなら食べられそう。嬉しさは筆舌に表せないほど。

Dscn4626

 で、それならタマネギはどうだろうか。茎の状態からみて、まだ早いのは分かっていたが、1本だけ引き抜いてみた。 思った通り、まだ小さかった。でも後、数週間で食べられそうだ。

Dscn4629

 鮮やかなルビー色。サラダに使う予定の品種です。

サツマイモの安納芋も、ジャンボにんにくは順調に育っています。

Dscn4625



 

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 旅行・地域

過去の旅

無料ブログはココログ