サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

淵蓋蘇文と善徳女王

韓流ドラマ「淵蓋蘇文(ヨン・ゲソムン)」をgyaoで観ている。2006年から1年間、韓国で放送され、50%を超える高い視聴率を出したドラマだ。

Photo


 淵蓋蘇文は高句麗の高官。幾度にわたる唐との戦いで、一歩も引かなかった韓国人の英雄。ドラマは淵蓋蘇文の生涯を描いた。

 3年ぶりの2度目の視聴だが、なかなか面白い。だけでなく、その後に観たドラマと結び付くから、歴史の流れが理解出来てくるのが楽しくなってくる。例えば新羅27代王「善徳女王」だ。

Photo_2


 淵蓋蘇文は幼少の頃、高句麗を追い出され新羅で育つ。ドラマ「善徳女王」で馴染みの人物・三韓統一を成した新羅の英雄・金ユシン親子に武術などを教わり、可愛がられている。善徳女王は既に死去しているが、新羅の女傑・ミシルも登場する。

 ここで二つのドラマが繋がって来るのだ。ドラマとは言え、ある程度は史実に基づいて制作されているから、歴史が見えてくる。

 金ユシンの先祖は伽耶の王・金首露。ドラマ「キム・スロ」で建国を学び、その子孫が善徳女王に仕え、三韓統一を果たす。

 だから、韓国歴史ドラマは止められない。

2012年2月22日 (水)

マッコリで晩酌

冬の夜長、炬燵での晩酌が何よりの楽しみ。

最近はマッコリでの一杯が癖になってしまった。

韓国産、日本国産の色んなマッコリを試してみたが、

朕に会うのが、このマッコリ。

Photo

JINROから出している瓶入り、アルコール度6%。

ちょっと甘口だが、味・香りが柔らかい。

この夜のマッコリの相方は、トラフグ刺身と生カキ。

この後、タラの芽の天婦羅が出てくる予定。

今日もおいしいマッコリで乾杯。

2012年2月21日 (火)

タラの芽出荷

 いよいよ本業のタラの芽栽培が大詰めです。出荷作業を開始しました。本業といっても、遊び半分の家庭菜園農業ですから、収入はわずかで、ハウスの暖房電気代やガソリン代などで消えてしまいます。でも、「働いた」という気分になりますから・・・。

 青々と茂った出荷前のタラの芽です。

Photo

 パックに詰めてラベルを張って出荷です。

Photo_2



 即売所です。Photo_3


この中に陳列しました。

Photo_4


*尚、地方発送は致しませんので あしからず。

2012年2月18日 (土)

「トンイ」の曲も

この曲も好きです。NHKBSで日曜9時から放映している「トンイ」の主題歌(空の果てに届く風)です。女優のハン・ヒョジュちゃんが、とてもかわゆいです。

「トンイ」も「イ・サン」もMBCドラミアで撮影しており、見物に行った朕には懐かしい場所(オープンセット)が次々に登場し、ものすごくに親近感が湧いてきます。

2012年2月17日 (金)

「イ・サン」の曲で癒し

「イ・サン」の主題歌「約束」です

とても癒されます。

あなたも好きになってね。

2012年2月15日 (水)

作兵衛の切手

 めったに郵便局に行くことは無いのだが、年賀はがきの末等が4枚ほど当たっていたので交換に出向いた。そこで あっと思い出したのが山本作兵衛の記念切手だ。

Dc021501_convert_20120215160030


 作兵衛は 筑豊の炭鉱が華やかりし頃(明治・大正、昭和初期時代)の炭鉱夫であり、実体験の中から炭坑内の作業の様子、炭鉱夫・婦の姿、炭住風景、暮らしぶりなどを描いた「炭坑画家」。1000枚以上の作品を遺し、昨年5月に日本で初めての「ユネスコ世界記憶遺産登録」された。郷土の偉人の作品が切手になった。これは買うしかないのだ。(作品は田川市石炭・歴史博物館で見られる)

おまけ

1_dc021501

2012年2月 1日 (水)

二つの「九尾狐」

 平日の朝、昼間に楽しんでいるのが韓流ドラマ。中でも、韓国や中国、日本に伝説が残る「九尾狐」を素材にした韓流ドラマ。時代劇の「九尾狐伝~愛と哀しみの母」と、現代版「僕の彼女は九尾狐」。九尾狐は韓国語で「クミホ」。 1つの伝説を時代劇と現代劇で、平日の毎日に楽しめるのが面白い。

Images

 九尾狐とは九つの尾っぽを持つ狐のこと。伝承では天界から遣わされた神獣とされ、平安な世を迎える吉兆であり、幸福をもたらす象徴と描かれている。 またその一方で、絶世の美女に化身して王を誘惑、国を滅亡させたりもする妖怪とする説も多い。日本では妖怪として歌舞伎や浄瑠璃に採りあげられている。

Gumiho420main_program_r_420x0

 ドラマ「九尾狐伝」では、人間になりたい九尾狐が美女に化け、木コリと結婚し女児をもうける。10年経てば人間になれるとさせる直前に木コリが狐であることをばらし、母子は逃亡する。2人は両班に助けられる。が、自分の娘の病気治癒には、九尾狐の娘の肝臓が必要と、殺しにかかる。両班家族と戦う母子の愛、絆を描いてる。

Photo

 「僕の彼女は九尾狐」は、寺の掛け軸の絵に閉じ込められていた九尾狐が、見物に来た大学生を騙し、絵から抜け出して人間界に。大学生に付きまとう美女の九尾狐。最初は逃げていた大学生もしだいに九尾狐に惹かれていく、というラブ・コメディー。人間と九尾狐の恋はどうなることでしょう。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 旅行・地域

過去の旅

無料ブログはココログ