サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

我が家のイルミ

1日の点灯目指して、イルミの飾り付けをしました。そして夕刻、試験点灯してみて ありゃアリャありゃである。

なんとなんと各所にランプ切れを発見。流れるはずの灯りが点灯するも点滅はなし。まったく点灯しないのも。

どうしよう、どうしょう。涙がこぼれそうに・・・。理系の友が言うには「点滅させる配線部分が腐っている。保存が悪かったせい」と。

で、使えそうな物だけで、取り合えず飾ってみよう。で、前年と大して変わらぬデザインになってしまった。出来あがったのがこれです。

2img_0018_convert_20111130213156

これじゃ、納得できない。もう少し飾りを増やさないと・・・

急きょ、ネットで探しまくり、イルミを発注。近く届きそうだから少しは増しになるかも。

2011年11月23日 (水)

イルミの季節

 全国各地でイルミネーションが輝く季節になりました。我が家でも2年前から小さいながらもイルミを庭先に灯しています。

 小さな山間の地域が、少しでも寒い冬が賑やかになればと、定年で帰郷したのをきっかけに始めました。ネオンどころか信号機も無い寂しい地域ですから、夜は真っ暗。少し高台にある我が家のイルミは、けっこう目立ちます。

 これは、昨年のイルミです。

Img_0686_2

 これでも、けっこう大きいんです。幅約6m、高さは約3mあります。3回目になる今年も点灯しますが、デザイン能力が無いので、どんなイルミに仕立てるかが悩みです。

 鉄パイプと太い金網で枠を作り、そこに電飾を取り付けるだけだから、デザインが決まれば半日で完成です。

一応、12月1日にスタート予定です。出来たら新作を発表します。乞うご期待を。

2011年11月16日 (水)

目の前の韓国美人

 私物のパソコンを持って、10年ぐらい経っただろうか。PCはほとん ど仕事関係の調べ物とか、メールでの使用ぐらいだった。が、ほとんど毎日、PCの前に座っている。現役時代より今の方がその時間は長いようだ。

 朝、PCを起動させて最初に目に飛び込むのが壁紙。自分だけに微笑んでくれる美女に、目覚めはすっきり。

 我がPCの壁紙の歴史は・・・。振り返ってみると、最初は購入時のメーカー仕様をそのまま長く使っていた。が、孫が生まれてからは、孫を撮影するたびに最新の画像に変えていった。離れて住む孫に毎日会える喜びがある。

 韓流ドラマ(時代劇)を見るようになってからは、ドラマの美女たちが登場するようになった。お目目ぱっちりの彼女たちが、微笑んでくれるから、嬉しいばかりだ。

 最初の美女はイ・セウンちゃん。ヨンゲソムンやチャングムのドラマに「なんて可愛いんだろう」と、一目ぼれ。

Photo

           クンチョコワンでのセウンちゃん

Photo_2

           イ・サンでのハン・ジミンちゃん

Photo_4

          トンイでのハン・ヒョジュちゃん

Photo_5 

Photo_6            (現在の壁紙=ヒョジュちゃん)

 可愛いなぁ~~可愛いなぁ~~~

2011年11月 9日 (水)

郷愁の味 アケビ

 立冬も過ぎて、朝夕に冬の気配が濃くなる昨今ですね。朕の住む山里も、日に日に晩秋の彩りに包まれてきました。

 庭先に秋の香りを漂わせていた アケビ はもう実が落ちてしまいそうです。

1img_0027_convert_20111109122633

 朕が幼少の頃、秋になると山に入り、アケビを探し、楽しんでいました。甘い味がなんとも言えない。が、種が多く食べると言うより、味だけを味わうだけです。

 そんな味も忘れかけていた10数年前、ある農家の庭先に、たわわに実ったアケビを発見。小学生が集まってきて「あれ なんだ」と騒いでいました。山で遊ばなくなった子供は、アケビを知らなかったのです。

 郷里に自宅を新築した際、「ここの子供らにもアケビと言う秋の味覚と山遊びを教えたい」との思いから、園芸店で買った盆栽仕立てになっていたアケビ2本を庭先に植え、棚を設けて育てています。毎年、びっしりと実をつけます。

 近所の子らも、「これ なんね」です。食べさせようと差し出しても食べようともしません。悲しいものです。

 妻が農産物即売所に出荷すると、完売します。大人には郷愁を呼ぶ秋の味なんでしょうね。

2011年11月 6日 (日)

麻衣ちゃん おめでとう

5日、姪っ子の麻衣ちゃんが結婚しました。朕の妹の次女です。幸せになってほしい。

Img_001911_convert_20111106111425

新郎は九州大の野球部OB(九州6大学リーグでベストナインにも選ばれたとか)。麻衣ちゃんはマネージャーで、学生時代から支え合っていたらしい。2人とも公務員です。

 麻衣ちゃんとウェディング・ロードを歩く義弟は緊張いっぱい。ぎこちなさが可笑しかった。が、「兄さんもそうだったよ」に、娘の結婚式の時を思い出した。そうだったかなぁ~・・・。

 披露宴はフランス料理。相当、カロリーが高そうで糖尿病の朕には、なんとも歯がゆいコース。でも、すべて食べつくしてしまった。おまけにワイン3杯も。「お祝いだから、いいよね」(独り言です)。

 そして何よりの嬉しかったのが、ホークスのCS突破の勝利。結婚式、披露宴も気はそぞろ。試合経過が気になって仕方が無かった。なんと、披露宴会場ではお祝いメッセージビデオが流され、ホークスの川崎選手やホールトン投手らが登場。2人を祝福したのだ。あり得ない。あるはずがない。

 ビデオ制作の裏舞台は知らないが。推測するに、選手らのニュース・インタビューをつなぎ合わせて、勝手に? 祝福ビデオに仕立て上げたのでは・・・。でも 面白い企画だったね。

 幸せになってね

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

  • 旅行・地域

過去の旅

無料ブログはココログ