サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2017年8月16日 (水)

お盆てうれしいなぁ

お盆になって次々と孫たちがやってきました。
瑠璃ちゃんもげんきです。
Img_0002
これは孫2と咲良ちゃんです。
咲良ちゃんも元気で、少しだけ人見知り。
Img_0006
孫たちはお盆が過ぎたら、一斉に帰りました。
またジジババだけの生活です。
寂しい盆明けになりました。

2017年6月12日 (月)

お食い初め(百日)

瑠璃ちゃんのお食い初めをしました。
Img_0029
まだ何も食べられませんが、唇に付けるだけで
美味しそうにして、ニコッとしてくれます。
Img_0027
この笑顔がたまりません。 もうお話をします。
こちらの言うことが分かっているかのように
笑ったり、声を出してきます。
Img_0025
僕(心)は瑠璃ちゃんに、やきもちを焼きます。
お母さんが瑠璃ちゃんばかり可愛がるからです。
それで瑠璃ちゃんに悪戯をして、泣かせました。
そしたらお祖父ちゃんに、こっぴどく叱られました。

2017年5月 8日 (月)

3人の美女に囲まれ

GWが終わりました。
我が家には次々と孫たちが訪れました。
最初は瑠璃ちゃん、心くんの家族です。
Img_0008
瑠璃ちゃんの笑顔は素敵です。癒されます。
Img_0004
すっかりお兄ちゃんになった心君です。
Img_0010
孫2です。小5です。日に日に可愛くなります。
Img_0014
咲良ちゃんです。よちよち歩きます。
今年のGWは2日から7日まで、次々に孫たちがやってきました。
3人の美女に囲まれて、おじいちゃんは幸せです。

2017年4月 6日 (木)

瑠璃ちゃんの宮参り

 5日に瑠璃ちゃんの宮参りをしました。
熊本市の健軍神社です。嫁の実家がある熊本市です。
瑠璃ちゃんは元気ですくすくと育っています。
Img_0027
兄ちゃんになった心。
「瑠璃ちゃんは可愛い」と。
Img_0021
 
心は大めしくらいです。お子様ランチなどぺろりです。
次々と大人の食べ物に手を出します。まだ2歳です。
この兄妹の生末が楽しみな じいじです。

2017年3月 6日 (月)

祝い事②

孫がもう1人増えました。
心の妹の瑠璃ちゃんです。
Img_00154日に生まれました。
可愛いです。美人になりそうです。

祝い事①

5日、我が家で「一升餅」の祝いをしました。
1歳を迎えた子供の祝いで、
一生食べ物には困らないようにと、一升の餅を
背負わせる儀式です。
我が家の孫・咲良ちゃんが、その主役です。
Img_0009頑張って数歩、歩きました。
Img_0008後は、泣き顔です。
バイバイ、ハーイ、もできます。
日に日に成長していくのが、見ていて楽しいです。

2017年1月23日 (月)

久し振りの積雪です

雪が積もりました。10㎝以上も積もって朝起きてびっくりでした。家が高台にあるから家から一般道に出るまでが大変です。女房殿は、自分で車を出せないと泣き顔でした。私が運転して一般道まで出してあげました。
Img_0004

2016年12月19日 (月)

もう年末。辛いことも

またまた1ヵ月も更新を怠けてしまった。
で、気づけばもう年の瀬。
皆さんは正月の準備していますか。
一番の大ごとはこれ! お年玉の準備です。
Img_0016
 
毎年、渡す孫が増えてきて・・・
今回は6人、次回(2018年)は7人になりそうです。
お年玉、誕生祝い、修学旅行などなど
来春は中学校への入学祝い、出産祝いも控えています。
孫への出費は年々増えていきます。じいじいも辛いです。
が、嬉しい事です。
正月に会えると思うと、楽しみが溢れます。
Img_0013
 これは、19日の誕生祝いランチです。
女房殿が夫の誕生日を思い出し、慌てて作ってくれました。
誕生日ディナーはありません。
皆さん良いお年をお迎えください

2016年11月19日 (土)

我が家の秋

朝夕がめっきり寒くなりました。
家の周囲にある樹木も秋一色です。
Img_0002_2
 
奥のイチョウは、自宅を新築したころに植えたもので、もう高さが7~8mはあります。手前の柿木(渋柿)は、同時期に整地した際、伐り倒した株から芽が出て、今年から本格的に実をならせた。
Img_0005_convert_20161119154049
 
 これはユズだそうです。奥さんが数年前に植えたそうです。結構なっています。
心が2歳の誕生日を迎えました。

2016年10月15日 (土)

深まる秋

またまた1ヵ月も更新しないままに、秋が深まってしまった。
数日前まで短パン、Tシャツ姿でウロウロしていたのに、慌ててズボンを引き出した。布団も毛布までではないが秋物に変えた。
 庭の様相も一変した。甘柿は落ちてしまったし、伸び放題の雑草はジャングル化となした。足、肩が不自由になって、草刈作業はもっぱら次男だより。
楽しみは次男が連れてくる孫の咲良ちゃん。この頃はハイハイもでき、伝わりタッチも出来るようになった。
Img_0021
だが、悲しいのが顔見知りまで覚えてしまったこと。 抱っこをするとすぐに泣きだす。
あぁ悲しい~秋です。

2016年9月14日 (水)

今年も彼岸花まつり

我が地域の最大イベント。「あたか棚田 彼岸花まつり」が22日に開催されます。場所は福岡県川崎町のあたか(安宅)で、小峠地区棚田彼岸花群生地。
 
Img_0017
 
山奥の同地区は道幅が狭く、車両がすれ違うのが困難な場所があります。こんな所に多くの観光客がマイカーで訪れると・・・結果は大渋滞です。昨年までは麓の安宅交流センターに駐車場を設置していましたが、それでも処理できず、今年はかなり離れた場所2か所に臨時駐車場を設けています。
 真崎小学校グラウンド、農産物販売所De愛です。ここから会場まで無料シャトルバスが運行します。観光客のマイカーは、これより先の安宅地区には入れません。駐車場の利用には「棚田保全協力金(200円程度)」が必要です。
まつり会場では、農産物や雑貨、焼き鳥などが販売されます。
彼岸花の開花状況は川崎町のHP( http://www.town-kawasaki.com/)で、確認してください。

2016年9月 1日 (木)

もう9月に

 朝晩がすっかり凌ぎやすくなって、タオルケットも厚手になりました。
草ボウボウだった庭は、業者さんがすっかりきれいにしてくれました。これまでは自分で草刈をするのだが、右手は上がらず、足はフラフラだから、草刈機が使えませんでした。庭木の手入れも、脚立の上には怖くて登れませんので、業者さんに頼みました。
 こんな感じのお盆でしたが、嬉しいことも一杯でした。
 孫の咲良がニコニコ顔を見せてくれました。まだ人見知りをしないようで、じいじいにも抱っこされます。
Img_0012
 孫1、2号もやって来ました。もう高校生と小学高学年生だから、すっかり大人です。で、写真は拒否をしてますから、掲載は無理です。アルバムに閉まっています。
 心は来ませんでした。来年には弟か妹かが誕生するとのことで、母親の体調を気遣って母方の実家で過ごしています。ちょっと寂しいお盆でしたので、過去の写真を貼ります。
 
Image2

2016年7月19日 (火)

孫らの訪問で暑気払い

 またまた更新を1カ月も手抜きしてました。梅雨のジメジメですっかりやる気が失せて、やる気も根気も腐りかけていました。
しかし、この連休中には孫らの相次ぐ訪問で、気分は甦えりました。祖父は単純です。
 17日は長女一家が久し振りにやてきました。今年、高校生になった孫1号と2号の姉妹。受験で忙しかった1号とは久し振りの対面でした。すっかり大人になっていました。2号は相変わらずお手伝いに動き回っています。
 18日は次男家族が来ました。孫のはなちゃん、咲良ちゃんも一緒です。
Img_0007
 咲良ちゃんは人見知りもせず、じいじいの膝に抱っこします。これだけで もじいじいの気力が高まります。
楽しい日々でした。

2016年6月20日 (月)

嬉しい父の日

 「父の日」に思いもしないプレゼントがあった。
これまで「母の日」が羨ましく、妬んでいたが、今年は
2人の息子から贈り物があった。
 長男からは足裏のツボを押す、器具が。
 次男からはサンダルが。
Img_0019
 今まで一度もなかった息子たちからの「父の日」プレゼント。 多分、嫁たちの気配りでしょう。
娘からは「ごめん。忘れていました」と今朝になって電話があった。
 プレゼントは嬉しいが、孫たちを連れて来たのが、何よりも嬉しい。
お返しのお小遣いを弾んだのは言うまでもないが。

2016年6月 1日 (水)

1か月のご無沙汰

 気づけば1か月も更新してなかった。
「どうしたん」のメールも戴いた、
別に病気が悪化したとか、旅行に行っていたとか
ではなくて、単にサボっていただけ。
 まぁ心一家の福岡移転とかはあったけど。
心も咲良もすくすく育っていますよ。
Img_0017

2016年5月 1日 (日)

熊本地震 2

熊本の阿蘇に行ってきました。心の一家が福岡に移転が決まり、引っ越しの手伝いです。軽トラで片道約3時間、つらい行程ですが・・・。阿蘇に向かう途中、自衛隊の車両と何台もすれ違いその都度「お疲れさま」とつぶやきました。
 軽トラに、当分は使わない用品を満載し、妻の実家の倉庫に保管します。軽トラで2台分もありました。1台目は長男が前々日に運び、この日は私。我が家から大分道の日田IC-玖珠IC-熊本県の小国ー阿蘇のコースで。3時間も運転すると、目がへたります。目薬を差しながらの運転です。
 荷物を積み込み、早めの帰路へ。途中、崩壊がTVで何度も流れた阿蘇神社に立ち寄りました。国の文化財だった楼門は、囲いで覆われて屋根だけしか見れません。それでも痛々しい光景でした。阿蘇神社の大宮司には確か、我が家の長女と同じぐらいの年の娘さんがいたことを思い出しました。同じ「阿蘇ひかり幼稚園」に通っていたと、記憶が蘇りました。
 40年近く前、当時は祭り以外の時はそんなに観光客もいなかったが、この日は駐車場も満車状態だった。途中では全滅した民家も見ました。早く復旧すればと願うばかり。

2016年4月25日 (月)

心と咲良が初対面

 心が熊本地震で疎開してきて10日間。我が家は心を中心に回っている。その心家族は福岡市への移転がほぼ決まった。福岡県の被災者支援の一環で県住宅への入居がOKとなった。
 心と一緒に疎開していた祖父母も今日、熊本市に帰った。同市のマンションは「要注意」の建物判定されている。「内部がどうなっているのか、建物は大丈夫か」。心配なのだが、「とにかく帰ってみる」と。
 そんな中、心と咲良が初対面した。
Img_0017  
「ほら、心のいとこだよ」。最初は物珍しそうに見つめていたが、慣れると足や手を恐る恐ると触り、何やらあやしている様子。
ず~と仲良しでいてほしい、じいじいの願いですよ。

2016年4月18日 (月)

熊本地震

 我が家は今、熊本地震で大わらわ。
心は地震とは関係なく、我が家に来ていたが、一旦、熊本に帰っていた父親(長男)と、必死の思いで、大分県を経て我が家にたどり着いた。翌日は熊本市内に病気検査入院中だった(心の母親)嫁を迎えに行って、その嫁の両親と共に、我が家に疎開してきた。
 その両親は熊本市内でマンッション住まいをしていたが、室内はゴミ屋敷みたいにひっくり返り、建物自体もこの先が心配な状況と言う。
一時は近くの中学校体育館に避難していたが、水がない、プライバシーがない。食事が無いなどと、頻繁に揺れ動く余震の恐怖から、疎開は止む無しと決断して我が家に。
 心は大人数の中で暮らすのがうれしそう。両方のじじばばに一日中構ってもらえてはしゃいでいる。
 心と一緒に過ごせるのは嬉しいが、今後の心の生活がどうなるのか、悩みも大きい。

2016年4月11日 (月)

心と一緒に暮らす

孫の心と暮らしてます。2週間目に入りました。
「心くん」と呼べば、手を挙げて答えるポーズをします。
Img_0012
 
 まだ会話は出来ないが、こちらの言うことは理解できています。
最初は、以前のように話しかけると泣き顔をするのではと心配だったが、いつもニコニコ顔。自由気ままに振る舞い、しっかり食事もできる。
 まだ一緒にお風呂に入ってくれない。一緒に寝てはくれないのが、ちょっと寂しい。やっぱり親と一緒がいいのだろう。

2016年3月21日 (月)

可愛い咲良

咲良ちゃんが我が家に初入りしました。
彼岸に合わせて、ご先祖様にご挨拶です。
これまでカメラの前では目を開けてくれませんでしたが、
今回はようやく
Img_0030
じいじいを見つめてくれました。

2016年3月16日 (水)

さくら咲く

我が家は春爛漫です。
6番目の孫・咲良の誕生に次いで
1番目の孫が高校受験に合格しました。
「じいちゃん 合格したよ」と、その高校の
発表現場から報告してくれました。
まさに我が家は「サクラ咲く」です。
Img_0018_convert_20160316113420_2
 
 (我が家のサクランボ)

2016年3月 7日 (月)

名前は咲良です

2月29日に生まれた孫に「咲良」という名前が付きました。
20160307151534_2
「さくらちゃん」と呼んでも、目を開いてくれません。
庭のサクランボの花も、今が満開です。
小さくて可愛い花が、咲良にぴったり。
元気に育ってくれればと、願うばかりです。

2016年2月29日 (月)

2月29日に孫が誕生

 今日、2月29日。新たな孫が誕生しました。
女の子です。母子とも元気で一安心です。
次男の子供です。これで孫が6人になりました。
 2月29日はうるう年。「こんな日に・・・」と、少し複雑な気持ちもあります。
でも、誕生祝いは4年に一度で済むかも(笑)。(そんなことはしませんよ)。
まだ名前はありません。「じいちゃん名づけを頼む」とは言ってこないだろうから、どんな名前になるか楽しみ。我が子の3人は、私が名付けた。皆、一字にした。孫たちの名は、それぞれの親が名付けた。
ともあれ、元気で育ってくれれば、と願うばかり。
今夜は祝い酒でしょう

2016年2月28日 (日)

孫が文筆家???

 28日付けの西日本新聞の読者投稿欄に、孫2号(9歳)の文が掲載された。授業で習った沖縄の家屋について、自分なりの感想を綴ったものだ。
「どうして投稿したの」と聞けば、「採用されたら図書カードがもらえるから」とか。
 「 内容はともかく、自分の思いを表に出す行動に感心した。えらいぞ!!
さすが新聞記者の孫、文章で生活できる人になってくれれば。と思ったりもしてみた。

2016年2月21日 (日)

久し振りに

久し振りの更新。高齢者だからって更新の方法を忘れた訳ではありません。何となくほっておいたら1ヶ月も・・・。もう、庭の梅も満開になっていました。
Img_0011_convert_20160221135040
 
この間には世間では色々ありましたね。国会議員の不倫問題、清原の覚醒剤問題、北朝鮮のミサイル問題などなど。相変わらず騒がしい世の中です。
我が家も長男一家の熊本移住、次男一家の新生活、孫1号の受験開始などなど。視力が衰えた我が身には眼球への注射という宣告があり、数日後には九大病院で施術します。痛くないか、怖い怖い。

2016年1月25日 (月)

本当に寒かねぇ

今日も寒い。あたり一面が真っ白。
積雪は27cm。(我が家のウッドデッキで)。写真は我が家の庭景色
Img_0007
こんなに積もったのは珍しい。
 先週末にこの日に備えて、タイヤを冬用に履き替えていたから
この積雪でどれだけ走れるか。車庫から出して、町のスーパーまで出掛けてみた。
 まず、庭で立ち往生。土の庭だからタイヤがめり込んで・・・。奥の応援を得て何とか脱出した。道路に出れば少しはスリップするものの、何とか進んだ。走る車がのろのろだから、スーパーまでいつもより時間がかかった。
 慎重に安全運転で、何とか自宅の入り口までたどり着いたが、門扉の前でまた立ち往生。上り坂で直角にハンドルを切らなければならないから、スリップして前にも後ろにも進めない。またしても奥にSOS.タイヤの前を雪かきしてもらって、    何とか玄関前まで帰還した。
 明日も雪だろう。奥は3連休とか。小中学校も臨時休校だと、たった今、放送があった。
 山奥の田舎は辛いです。

2016年1月14日 (木)

電気料が怖い

寒さが厳しくなって、エアコンを使う時間も長くなった。
我が家の屋根には32枚の太陽光発電パネルが載っている。が、年末から発電できなくなった。機械が故障したらしい。機器類にはまったく疎いから、発電が停止しているのに気づかず、バンバン電気を使っていた。メーカーを呼び付け修理させて復旧したがこの間、約20日、一番電力を使う時期だけに、少ない太陽光でも欲しかった。次回の電気料の請求、電力買取はいくらになるのでしょう。
Img_0001
 
ボクは元気ですよ。

2016年1月 4日 (月)

歓喜の新年

おめでとうございます。
正月はいかがでしたか。
Photo
 我が家はおめでたい新年の始まりでした。
久々に家族が勢ぞろい(高校受験準備中の孫1号を除く)
次男が結婚しました。式はしないから双方の親兄弟家族が集まり(約20人)、祝いの宴を開きました。一度に孫が2人も増えました。
 これで、子供全員が所帯を持ち、安心できました。
孫の心も元気に育っています。もうよちよちと(10歩ぐらい)歩いています。
今月から熊本県内に移住して、新たな職に挑戦します。これまで関東にいたので、簡単には会えませんでしたが、これからは会えそうです。今もゴミ箱をひっくり返したり、炬燵の上を引っ掻き回したりで、じじばばを喜ばせています。
後は孫1号が希望通りの高校に合格することです。
 
 皆さんもよい年でありますよう祈っています

2015年11月21日 (土)

ヒヤヒヤの免許証更新

 自動車免許の更新に行きました。昭和40年3月に初取得(原付2種)してから、更新は何度目か分からないが、今回ほどヒヤヒヤ、ドキドキの更新は初めてだった。

Img_0004

 と言うのは、最近になって視力の衰えが急に進み、かかりつけ医(糖尿病による影響検診)からは「免許の更新は無理かも」と言われていた。そのため免許の更新に行く前に眼鏡の更新をと、眼鏡店で作り変えたが、ここでも「更新はその日の体調次第かも」と、かなり難しい表情をしていた。

 更新期限までまだ2か月間ちかくあるので、失敗したら再挑戦するつもりで更新手続きに臨んだ。手続きの最初が検眼。検眼機をのぞき込み計測する。前の人を見ると数回「上」とか「右」とか答えて終わり。自分の順番がきて同じように答えようとしたが、どうも見えにくい。何度もトライし、最後は当たればもうけものの心境で答えてみたが、うまくいくはずがない。

 「向こうの検査場に行って」と再検査をするはめに。ここでは検査員が「右目を隠して」などと指示しながら、手動の検眼機で何度も検査。ここでも「当たればもうけもの」精神で答えながら、背中には冷や汗たっぷり。検査員も首をかしげながら、何度もこっちの顔を見ながら最後に「OKです」と言ってくれた。「善良な市民の顔をしているのがよかった」と自画自賛する。

 講習を受け、新しい免許証を受け取ったときは、さすがに嬉しかった。視力は落ちているが、これまで運転に支障がなかった。さらに安全運転で行かねば。次の更新は「高齢者講習」だとか。

2015年11月 9日 (月)

ベンツに乗った心

心の誕生祝いに贈ったベンツ。

 

「届きました」の返事と共に、ベンツに乗った心の

 

動画と画像も送られてきた。

 

20151109
いつもの愛嬌を忘れたかのように、緊張しまくりの表情です。

 

まだアクセルやブレーキに足が届かないので

 

パパママがリモコンで動かしているようです。

 

真剣な顔がなんとも愛らしい。

 

https://youtu.be/tkRvf70Kw9g

が、最後はぶつけた???

2015年11月 6日 (金)

誕生日祝いにベンツ

「誕生日祝いに何がほしい」と聞くと、「ベンツ」とのこと。

で、さっそく注文をしました。

ベンツのSLS-AMGです

51opc5oyhsl__sy355__2
孫の心がもうすぐ1歳になります。

このベンツなら買えます。約32000円が約20000円でした。

さっそうと乗り回す心を早く見たい。

2015年10月26日 (月)

グランドゴルフ大会

地域のイベントになったグランドゴルフ大会がありました。隣組対抗で男女別に競われる競技です。
我が組ももちろん出場しましたが、足腰が弱っている私は応援組です。

Img_0002
熱戦が展開されました。男子は4位、女子は3位で、賞品は卵10個(1戸)でした。来年は私も出場して、優勝をねらいます。

2015年10月 9日 (金)

我が家の秋

朝夕がめっきり涼しくなって、布団から抜け出すのが辛い今日この頃です。

我が家の秋は例年通り、柿の実やアケビの実のはじけで実感しております。

柿の実は先の台風で半分近く落下しました。甘くておいしい実ですが、残念なことに今年は食べることが出来ません。

Img_0020

実は、只今、差し歯の補修中で硬いものが食べられません。情けない話です。

アケビはもう旬を過ぎました。今年も、剪定をしなかったため、小ぶりの実しか付けていません。

Img_0017
来年こそは、しっかりと秋の味覚を堪能したいものです。

2015年9月21日 (月)

「敬老の日」に思う

 きょうは「敬老の日」らしい。前は15日だったはず。かってに変えちゃダメだよ。年寄りの頭はそう簡単には切り替わらんのよ。
 「体育の日」だってそうよ。10月10日だったよね。もう40数年前は祝日だったから、この日に結婚したのに。でもお蔭で記念日を忘れて、余計な出費がなくなった。これは嬉しいですね。

 

 「敬老の日」と言っても、誰も祝ってくれない。敬ってもくれない。シルバーウイークなんて関係ない。愚痴ばかりが大きくなる「敬老の日」であった。

 

 20日は地域の大イベント「安宅彼岸花まつり」でした。町内外から多くの見物者があったらしい。西日本新聞に大きく載っていた。

 

Img_0014

2015年9月10日 (木)

彼岸花まつり 20日だよ

今年もやります。

「あたか棚田 彼岸花まつり」

Img_0013
我が地域の最大イベントが20日に開かれます。今年が7回目です。毎回、多くの人達が訪れて、彼岸花の花や物販などの「おもてなし」を楽しんでいます。

場所 福岡県田川郡川崎町安眞木。

 なにしろ 田舎ですので彼岸花の群生地周辺では、道幅が狭く車両の離合が難しいので、あたか交流センターが駐車場になります。ここから現地まで無料シャトルバスで行くことになります。路上駐車はできません。

この交流センターで農産物などの特産品などが販売されます。また、群生地などでも物販があります。 どうぞ楽しんでください。

 なお 棚田保全協力金として 200円ほどの協力をお願いしています

2015年9月 1日 (火)

ありがとう 70,000回

皆さん ありがとう。

アクセスが70,000回に達しました。

 韓流ドラマに魅せられ、韓国を旅するようになって、このブログを立ち上げました。韓国史の舞台、ロケ地、王朝の墓地、撮影所などを旅して、何度も飛行機や船に乗り込みました。
 大半が一人旅だったが、2人の孫にも韓国を知ってもらおうと思い、ソウルや釜山にも連れて行きました。

 しかし、残念なことに、日韓関係が微妙になりました。このブログでは政治的な話や外交的な話題は、極力避けてきました。純粋に旅行記にしたかったから。でも、これまで韓国の人達が見せてくれた親切な応対や笑顔が、「つくりもの」だったような気になり始め、韓国への足が遠ざかりました。この2年間は訪韓していません。

 ただ、旅に出なくなったのは、それだけが大きな要因ではありません。自分の体の問題もあります。最近は高齢者特有の足腰の衰えが顕著になりました。歩くことにも苦痛を覚えます。行きたい場所があっても、二の足を踏みます。国内旅行でさえ、行く気持ちが湧きません。あれだけ外出が好きだったのに・・・。

 そんな訳で、ブログの更新が間延びになってしまいました。最近は3人目の孫の話題ばかりです。上の2人の孫は「私たちの写真は使わないで」と、抗議が来ますので・・・。

 70,000アクセスを機に、ブログ閉鎖も考えましたが、自分自身が寂しくなるのではないか。文を書くボケ防止策がなくなる。などの不安、気懸かりから、まだしばらくは続けることにしました。 こんごも老人にお付き合いをお願いします。

2015年8月15日 (土)

孫や甥も姪も来た

 ここ数年、仏様以外には誰も来ない寂しいお盆だったが、今年は孫の心(しん)がやってきた。心は最初、じじいの顔を見て、叫び声をあげて泣き叫んだが、次第に慣れてにこやかな笑顔を見せてくれて、抱きかかえても泣かないようになってくれた。

Img_0010
 まだ9カ月。おしゃべりはできないが、何かをしゃべろうとしていることは分かる。次に会う頃には「じいちゃん」と呼んでくれるだろう。2泊して15日に帰った。後藤寺駅での別れでは涙が出そうだった。

甥の直樹は米もらいのついでにお参りに来た。姪は旦那さんと2人の子供を連れて訪れてくれた。ありがとう。

2015年8月 6日 (木)

PCも熱中症に

 昨日からPCの調子が悪く、電源がすぐに切れる。持ち主がすぐにキレルからか、PCまでも・・・すぐに主治医(友人)にSOSを出し、駆け付けてもらった。

 その主治医、PCを見ずに「これは熱中症じゃ」とぬかす。いくら熱い日々が続くとはいえ「機会が熱中症なんかにかかるか」と笑うと、「その上、動脈硬化も起っしょる」と、訳の分からんことも言う。さらに「喫煙が原因じゃ」とも。かなり重症と脅す。

Img_0001
 早速、慣れた手つきと手順で、裏蓋を外し、「ほら、ほこりやタバコのヤニがついとろうが。暑いと炎症を起こし、動脈硬化を発症して熱中症になるとよ」と。それで持参したコンプレッシャーでほこりやらを落として、治療は終了。PCはみごとに復活した。

主治医様様だ。お礼は主治医が大好きな赤ワイン一本。

皆、PCもお体も、熱中症に気を付けようね。

2015年8月 1日 (土)

もうたまらん 暑い暑い

暑い! 暑い!! 熱い!!!
熱中症が怖くて、外にも出れない 
エアコンがんがん 電気料が気になるが・・・

食欲もなくなってくるほどだが
息子夫婦から送って来たお中元の 桃が癒してくれる
嫁の知人がいる山梨県甲州市の農園産とか

Img_0007
おいしい! 大きい!

もうすぐお盆。孫の心と会える。待ち遠しいなぁ 

2015年7月14日 (火)

15日は博多山笠追い山

福岡市に住む友人から「博多山笠を見にこんね」と誘いを受けた。福岡県内では連日、博多祇園山笠の話題がニュースで流れており、15日がクライマックスの「追い山」で幕を閉める。

 

 追い山を生で見たのは、もう40数年前になるかも。当時は福岡市内に住んでいた。なにしろ、博多っ子は山笠好き(山のぼせ)で、期間中は仕事も手につかない人も多く、山笠の法被を着て会社に来る人も少なくなかった。法被姿は無礼講でどこにでも入れた。
 余談だが、博多っ子はこの間、キュウリは食べないらしい。祭りの櫛田神社の家紋がキュウリの輪切りに似ているからとか。また、女性と営みを持ってはけがをするとか。自慢げに博多っ子が語っていた。

 

 で、その「追い山」は、午前4時59分に始まる。その時間まで会社の同僚らと雀荘で卓を囲み、時間前に追い山のコースに出向いた。締め込み姿での追い山は勇壮だが、次の山笠が来るまで時間が間延びする。眠たいーーー。そんな印象しかなかった。

 

祭りは見るものではなく、参加するものだ。(だが、博多山笠は簡単には参加できない)

 

 こんなことを思い出しながら、「ごめん、いけそうにない」と折角の誘いをお断りした。足腰が弱くなった自分には、あの博多の街を歩けない。テレビの生中継で我慢することにした。

2015年6月21日 (日)

父の日は 清掃日

 21日は父の日。娘から夏用のパジャマを送って来た。初めての贈り物だ。母の日には息子たちからも妻に何かが送られていたが、父の日は忘れられていた。「ちきしょう」と思うが、顔に出すと親父の威厳が無くなるから、我慢してきた。

Img_0004
 その父の日だが、我が町では「町内一斉清掃日」。自分の地域の道路などを綺麗にする日だ。我が地域も10軒が出て、空き缶やゴミ拾いをした。およそ30分ほどの作業。いつもは女性が多いのだが、この日は男性が多かった。父の日なのだろうか。我が家では「お疲れ様。お父さんありがとう」の言葉がなかったのは、いうまでもない。

2015年6月 4日 (木)

リメイクと言っても・・・

 今、朝の韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医」を見ている。福岡の民放とBSで放送中だ。ホジュン(許浚)は李氏朝鮮時代、名医と謳われ王の主治医になった人物。医学全集とも言うべき「東医宝鑑」を著した偉人。

 

A2_20130624

 

 実はこのドラマは1999~2000年に大ヒットした歴史ドラマ『ホジュン~宮廷医官への道」のリメイク版。「宮廷医官への道」は視聴率63・7%のお化けドラマだった。
 「伝説の心医」ではどう描かれるのかと期待していたが、
なんとドラマの筋書きから台詞などがほぼ同じ。脚本家が同じとは言え、なにからなにまで同じとは。バカにされたかんじだ。

 

 いくら韓国ドラマが低調とは言え、これはないだろう。

 

2015年5月25日 (月)

パパとママが結婚しました

僕のパパとママが、太宰府天満宮で結婚式を挙げました。

 

Img_0006
僕はおりこうさんにして、二人を見守りました。

Img_0004_1jpg

 

当日は土曜日で、天満宮には観光客がいっぱい来ていました。境内を歩くとあちこちから拍手と「おめでとう」の声が掛かりました。中でも僕が知らない言葉が多く、多分「きれい」とか「日本の花嫁姿を初めて見れてラッキー」とか言っていたと思います。じーちゃんは「中国人だろう」と教えてくれました。

 

披露宴は福岡市内の歴史ある料亭でした。みんな「おいしい」と言っていましたが、僕はまだ食べられません。ばーちゃんが離乳食をくれました。
ママ方のじーちゃんが、ギーターの弾き語り、おばちゃんが電子ピアノで自作の曲を披露しました。パパの友達も弾き語りを見せてくれました。皆、プロのミュージシャンで場を盛り上げてくれました。

皆さん、お祝いもたくさんありがとう。

2015年5月16日 (土)

入院してましたが異状なし

GW最中にPCの調子が悪くなり、メーカーに通報。データ保存が必要なら「復旧センターに送れ」とのことで、入院させました。
ところが、「PC内のデータ保存には約16万円かかる」「マイピクチャ―、ぐらいなら6万円ほど」と言う。さらに「PC修理代は別料金」とぬかす。
約2年分の写真保存ぐらいに、こんな大金は出せない。「すぐに送り返して」とデータ保存も修理もキャンセルだ。

返ってきたPCに電源を入れてみた。すると、なんと、故障が治っている。きっちと動くじゃないか。なんじゃったのか。キツネにつままれたような・・・。

で、この間にメールに入っていた孫・心(しん)の写真も見られた。

Image1




2015年5月 2日 (土)

世の中はGWらしい

 GWらしいが、毎日が日曜、年間を通してゴールデンの我が身には、そんなの関係ねー(かなり古かったけど)。でも、4日から地域の神幸祭です。ちょっと天気が心配ですが・・・。

 娘の家に留守番しに行ってきた。娘夫婦は仕事。長女は部活。で、家には次女(小3)だけになるので、留守番と子守りの役を仰せつかった。
まずは次女の誕生日祝いの買い物にショッピングセンターに出掛けた。次女は広いセンターをさっささっさと歩き回り、じいさんは後ろをついていけない。情けない。やっと洋服と水筒を購入して帰宅。

 歩き回って、くたくたに疲れた。が、「じいちゃん、遊ぼう」。2人でトランプだ。よく分からないルールのゲームに付き合い(当然、爺ちゃんの負け)。ようやく長女、娘が帰宅して、解放された。

 次女がじじいの相手をしてくれるのは今だけだろう。長女はすでに無視している。

Img_0028jpg

 次女が色とりどりの輪ゴムを編んで、ミサンガを作ってくれた。
 孫からもらうのは、なんでも嬉しい。

2015年4月20日 (月)

真央ちゃんは可愛いが

 NHKの大河ドラマ「花」を楽しんでいるが、視聴率が芳しくないようなのが残念。主人公・文を演じる井上真央ちゃんは可愛いのだが、文の知名度が低いことからか、ドラマが地味。まだ中盤ということで、どうしても文よりも兄の吉田松陰が主になっているからかも知れない。

51btgks9sel__ac_ul160_sr111160__2


 維新好きで特に長州関連には興味を注いだ。城下の萩にも松下村塾にも何度も尋ねた。が、恥ずかしながら松陰の妹・文のことは知らなかった。夫の久坂玄瑞はよく知られているが、妻が松陰の妹だったとは・・・。そして、玄瑞の亡き後、実姉の元夫で松陰の友だった三田村伊之助と再婚したことなど知らなんだ。

002

                (松下村塾)

Yukari_1Yukari_2

       (写真は萩市HPから借用)

 

 間もなく松陰も死に、玄瑞も高杉晋作など多くの長州藩士が、明治の夜明けを見ることなく、逝ってしまう。

 

ドラマは今後、どう展開していくのだろうか。

 

 文は伊之助(後に楫取素彦と改名。群馬県令、貴族院議員など明治政府の要職に就く)を支え、大正10年まで長生きした。
波乱万丈の人生がどう描かれるのか、楽しみだ。

 

2015年4月 5日 (日)

心は桃太郎だ

孫の心(しん)の写真が届いた。

桃から生まれる桃太郎。「百日(ももか)」の記念写真です。さすがにプロのカメラマン。タイミングがすごい。笑顔をばっちりです。

Image1

Photo
この絵がキーホルダーになって。

Img_0010
~桃ちゃんは、かぐや姫に迫られて、すぐに家族になります~と言うCMがありますね。心が姫をもらうまで長生きしなきゃ・・・

2015年4月 2日 (木)

今年は少し多めに

 我らの還暦記念で交流センターに植樹した枝垂桜。今年は少し多めに花をつけた。まだまだこれだけで花見が出来そうにないが、年々花が多くなってきており、生きているうちには花見も出来るかも。

Img_0005


 小学校だったこのセンターのサクラは、今日が満開。大きな樹にいっぱいの花を咲かせている。小学生時代にはこの桜の思い出がないのはなぜだろう。まだ植えられていなかった? 樹齢は50年を超えていそうだけど。
とにかく、今が見ごろ。でも今夜から雨の予想。散ってしまいそう。

Img_0008

2015年3月17日 (火)

サクランボの花が満開に

やっと春らしい日和になったね。

庭先の桜桃が満開になって、梅とともに庭を彩っています。

Img_0003
 初夏に真っ赤な実(サクランボ)をつけるこの桜桃。「セイヨウミザクラ」と言うらしい。我が家にいつごろ植えられたのか分からないが、子供の頃から見て来たので多分、60年以上前から植わっているのでは・・・。それにしては樹高は2mほどしかなく、成長は遅いなぁ。

 実を付けると鳥たちがやってくる。以前には鳥害防止のネットを張ったこともあったが、あまり効果がなく、今は鳥たちにプレゼントしている。裏山のタケノコはイノシシ用だし、鳥類・動物愛護の精神が満ち溢れる我が家でもある。

 しかし、花だけは楽しませて貰います。

2015年3月 2日 (月)

我が集落から立候補者

 今年は統一地方選。立候補予定者の動きが慌ただしくなってきたようだ。我が家にも、幾人かの首長、議員に立候補する予定者が「よろしく」と挨拶にやって来た。これから4月の本番に向けて、戸別訪問もさらに増えてきそうだ。
 何人が来てもこっちにあるのは1票だけ。「頑張って下さい」と返事するしかない。

Img_0014

 

 1日、我が集落から議員に立候補する青年の事務所開きがあった。多くの人達が集まり「ガンバロー」を三唱した。

 その昔、ほぼ全員がこの集落の中だけで農業生活を営んでいた。だから”集落意識”も強く、選挙でも票が他地区候補に逃げることも少なく、この集落から2人の議員が選出されていた時代もあった。

 だが、過疎化による人口減。さらには他地域への就労などで交流の幅が広がり、「我が地域から議員を」の意識が薄れたのだろうか、ここ数十年は立候補者すら出ていなかった

 そういう意味でも、今回の青年の立候補表明は意義は大きい。その決断、勇気に拍手を送りたい。
 

 

«春は一歩ずつ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 旅行・地域

過去の旅

無料ブログはココログ